News

開校決定!大人のためのプログラミングを楽しく美しく始めよう。Art × Programming 集中講座

最新情報はこちらから
デザインとプログラミング|山辺真幸|note(ノート)

Concept

デザインとプログラミングで社会を豊かにする。
Collaborating―デザインとプログラミングを提供します。
Teaching―デザインとプログラミングの学びを支援します。
Researching―デザインとプログラミングの新たな可能性を探求します。
Thinking―デザインとプログラミングの両方の専門家として考えます。
Spreading―デザインとプログラミングをもっと普通のことにします。

会社情報

商号
デザインとプログラミング株式会社(Design & Programming Inc.)
設立
2017年10月
代表取締役
山辺真幸
主要取引銀行
多摩信用金庫(武蔵野支店)

事業内容

  1. デザイン、プログラミング教育に関する講演、執筆、授業計画などの立案
  2. データ・ビジュアライゼーションに関する助言、ソフトウェア開発業務
  3. 経営・事業戦略におけるデザインと情報技術両面からの助言業務
  4. 教育支援、レクチャー、ワークショップの開催
  5. その他、付随業務

主要取引先

2018年1月現在

代表者紹介

山辺真幸(やまべまさき)

グラフィックデザイナー/データビジュアライゼーション研究家/プログラマ/教育者
デザインとプログラミング株式会社 代表取締役
多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程在籍(脇田玲研究室)

プロフィール

1977年生、東京都出身。法政大学工学部電子情報学科卒。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒。株式会社永原康史事務所にてグラフィックデザイナーとして勤務、アライアンス・ポート株式会社の経営を経て、2017年にデザインとプログラミング株式会社を設立。現在、各大学にてデザインとプログラミングの講義を担当しつつ、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科後期博士課程社会人コースに在籍。脇田玲研究室にてデータ・ビジュアライゼーション、シミュレーション、コンピューテーショナルデザインをテーマに新たなデザイン手法を確立するための研究、作品制作を行っている。

所属先

略歴

2001年、法政大学工学部電子情報学科卒。2003年、IAMAS国際情報科学芸術アカデミー(現、IAMAS情報科学芸術大学院大学)卒。

2003年、株式会社永原康史事務所に入社。グラフィックデザイナーとしてエディトリアルデザイン、デジタルメディアのデザインを担当、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)において日本政府出展事業「サイバー日本館」のウェブディレクションを担当。

2006年、アライアンス・ポート株式会社を設立。日本科学未来館、東京都現代美術館、山口情報芸術センター、せんだいメディアテークなどのウェブコンサルティング、デザインディレクションを手がける。2009年にはディレクションを担当した「アサヒ・アートフェスティバル」が文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門奨励賞を受賞。

2007年より大学生や社会人向けの教育活動を開始。非常勤講師として東京芸術大学(2007年-2011年)、多摩美術大学情報デザイン学科(2009年-現在)、慶應義塾大学環境情報学部(2016年-現在)にて、デザインやプログラミングの演習講座を担当。

2017年にアライアンス・ポート社の株式を株式会社COLSISに譲渡し完全子会社化、代表取締役を退任。同年、デザインとプログラミング株式会社を設立。

現在は、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科後期博士課程、脇田玲研究室に在籍。データ・ビジュアライゼーション、シミュレーション、コンピュテーショナルデザインの分野で、研究機関や民間企業との共同研究やテクノロジーを駆使したアート制作を行う。

近年の主な成果として、2016年、日本科学未来館常設展示「Geo-Prism」のコンテンツ「海洋大循環シミュレーション」のプログラミングを担当。2016年、小室哲哉、脇田玲によるライブパフォーマンスプロジェクトにてVJツールのプログラミングを担当(Tetsuya Komuro JOBS#1のDVDに収録、アルス・エレクトロニカ2016、MUTEK.JP2017にて実演)。2017年、ダイキン工業株式会社とのコラボレーション「Visualization of Air Conditioner」のプログラミングとデザインを担当。NISSAN新型LEAFと脇田玲のコラボレーションアートプロジェクト「NEW SYNERGETICS」のデータビ・ジュアライズシステム開発をサポート。著書に「データ可視化プログラミング入門(秀和システム)」がある。

これまでの業績(PDF)
個人ウェブサイト(Portfolio)

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。
(お問い合わせフォームへ)